From the Yokohama Seasider Magazine, January 2010

In 1862, a painter named Shimo’oka Renjo (下岡蓮杖) made history by setting up one of the first photography studios in Japan. He chose Noge as his location. Yokohama is making history again with a particularly exciting event for anyone interested in photography. This month, Dark Room International (DRI) in Noge kicks off the first Yokohama Photo Festival.

The festival will celebrate and examine photography as an art and a part of society. The event will mostly take place in the Red Brick Warehouse No 1 and at the Noge Hana Hana space, where DRI is also located.

The festival is comprised of several different events. Perhaps the most exciting one for photographers will be the “Open Portfolio Review”. Renowned photographers such as Hosoe Eikoh (the chairman of the review), gallery curators, editors, and other experts will be critiquing portfolios of amateur photographers (previously selected on a first-come, first-serve basis). The portfolio review will be open for public viewing on 1/17. Also, an exhibition and slideshow from previous portfolio reviews in Japan and several other countries will be on display from 1/13-1/17.

The “Noge Photo Village Workshop” will be a discussion with local citizens and photographers, and will include renowned guests like Herbie Yamaguchi. The discussion will be focused on what photography can do for the community as a whole. At “Photographic Conversations,” 20 respected photographers will each take 25 minutes to discuss their work and their ideas about photography.

This event is a great chance to find inspiration in the work of others. Visitors can rub shoulders and intellectually spar with some well-respected artists. For more specific information regarding venues, times, additional events, and the growing list of special guests, please consult the bilingual (Japanese/English) website at http://yokohamaphotofestival.org/.

In the following pages, we introduce the biographies and work of three of the festival participants. Hosoe Eikoh will chair the portfolio review committee, Herbie Yamaguchi will be conducting one of the Noge photo-village workshops, and Susan Burnstine’s work will appear in the slideshow screenings.

横浜の野毛は文久2年(1862年)、画家であり写真師でもあった下岡蓮杖が日本初の商業写真館を開いた、写真発祥の地として知られています。そして今年、写真に興味のある人には見逃せない国際的なイベントがここ横浜で開かれ、また写真の歴史に新しい1ページを開きます。まずは今月、野毛のダークルーム・インターナショナル(以下DRI)がヨコハマフォトフェスティバル・キックオフイベントを開催します。

このフェスティバルは芸術として、あるいは地域に貢献する存在としての写真というものを称賛し研究していくことを目的に開催されます。関連イベントの多くが横浜赤レンガ倉庫1号館と、DRIも入っている野毛Hana*Hana内で行われます。

特に注目されるイベントとして、オープンポートフォリオレビューがあります。レビューの司会も務める細江英公などの有名写真家、キュレーター、編集者、アートディレクターなどプロの写真エキスパートたちが、アマチュア写真家たちによる作品をレビューしていきます。1日目の1月16日はレビュアーへのプレゼンテーション、2日目の17日は一般観客へのプレゼンテーションとなります。日本も含めた世界各国での過去のポートフォリオレビューの様子も展示会やスライドショーなどにより1月13日から1月17日まで公開予定。

野毛フォトヴィレッジ・ワークショップではハービー・山口などのベテラン写真家も交え、地域住民など写真経験の有無を問わず様々な人たちが参加してディスカッションを行い、写真が如何にして地域社会に貢献できるかということを模索していきます。またフォトグラフィックカンバセーションでは、20名の写真家がそれぞれ25分という制限時間の中で、パワーポイントを使って自らの作品を語ったり、写真への理解を共有し深めるための理論を展開します。

このキックオフイベントは他人の作品から何かヒントを得るのに最高のイベントになることでしょう。著名な写真家たちを含めたさまざまなアーティストたちと交流し、議論をしたりする絶好の機会です。各イベントの開催場所、時間、スペシャルゲスト、などについての詳細はバイリンガル(日本語、英語)のウェブサイトhttp://yokohamaphotofestival.org/. まで。

今回のフェスティバルの参加者の中から3人の写真家の略歴と作品をご紹介します。細江英公はポートフォリオレビューの司会を、ハービー・山口は野毛フォトヴィレッジワークショップでコンダクターを務め、スーザン・バーンスティンの作品はスライドショーで紹介されることになっています。


portrait (c) Jean-Baptiste Huynh

Hosoe Eikoh

Hosoe Eikoh (1933), one of Japan’s most recognized photographers, works tirelessly to support photography appreciation in the general public, especially among youth. He has been the director of the Kiyosato Museum of Photographic Arts since its opening in 1995, and is the chairman of the portfolio review at this festival. His well-known works include iconic images of the novelist Mishima Yukio, a series of haunting photographs of avant-garde dancer Hijikata Tatsumi, and the book “The Butterfly Dream,” which honors legendary Butoh dancer Ohno Kazuo.

細江英公

細江英公(1933~)は現代日本を代表する写真家。特に若い世代に写真に興味を持ってもらうための様々な努力を重ねている。1995年の創設以来清里フォトアートミュージアムの館長を務めており、今回のフェスティバルではポートフォリオレビューの司会も務める。よく知られた作品として、三島由紀夫の裸体写真集「薔薇刑」、前衛舞踊家の土方巽をモデルにした「鎌鼬(かまいたち)」、舞踏家・大野一雄を描いた「胡蝶の夢」などがある。


portrait of Herbie: Ry Beville

Herbie Yamaguchi

Herbie Yamaguchi (1950~) eschewed the life of a salary man and instead traveled to London with a camera in his youth. As fate would have it, he squatted in an apartment room beside the not-yet-famous Boy George and met many punk and new-wave musicians of the time, such as Joe Strummer of the Clash. His circle spread and he was eventually photographing artists like Steve Winwood, Jimi Hendrix and U2. In the decades since returning to Japan, Herbie has extensively photographed some of Japan’s brightest pop and rock icons. His other photography features a quieter side of suburban life, with scenes of people in neighborhoods like Tokyo’s Daikanyama. Herbie is always visible at his exhibitions, surrounded by admirers with whom he freely shares stories, advice and encouragement.

(An English interview with Herbie appeared in the Mar/April 2009 edition of Koe Magazine: www.koemagazine.com)

ハービー・山口

ハービー・山口(1950~)は大学卒業後サラリーマンにはならず、カメラを持ってロンドンに渡った。友人の勧めでたまたま住みついたアパートの隣の部屋にはデビュー前のボーイ・ジョージが住んでおり、彼はそこでクラッシュのジョー・ストラマーを始め、たくさんのパンク・ニューウェイブ系のミュージシャンと知り合う。交友関係はさらに広がり、ついにはスティービー・ウィンウッド、ジミ・ヘンドリックス、U2などの大物アーティストまでフィルムに収めることになる。帰国してからも彼は日本の優秀なポップス・ロック系のミュージシャンを精力的に撮り続けたが、東京の代官山など郊外の風景やそこに集まった人々などを題材にした作品群は彼のもう一つの作風を表している。個展も頻繁に開催され、熱心なファンたちと気さくに情報交換したりアドバイスしたりしている。

Susan Burnstine

Susan Burnstine is an award-winning fine art and commercial photographer originally from Chicago now based in Los Angeles. Susan is represented in galleries across the United States, widely published throughout the world and has also written for several photography magazines, including a monthly column for Black and White Photography Magazine (UK). She was nominated for the 2009 Santa Fe Prize for Photography and is the winner of various awards, including B&W Magazine’s 2008 Portfolio Spotlight Award.

www.susanburnstine.com
www.filmwasters.com

スーザン・バーンスティン

シカゴ出身で現在はロサンゼルスを拠点に活動しているスーザン・バーンスティンは数々の受賞歴を持つ美術・コマーシャル系の写真家。アメリカ国内の写真展などで紹介され、その名は世界中で知られている。イギリスのモノクロ写真専門誌「ブラック・アンド・ホワイト・フォトグラフィー」のコラムも毎月担当するなど、数々の写真誌に寄稿、2008年にはブラック・アンド・ホワイト・フォトグラフィー誌のポートフォリオ・スポットライト賞を受賞、2009年にはサンタ・フェ写真賞にノミネートされた。